鏡の中の不思議な心霊体験

投稿者情報

年齢:46歳
性別:男性
職業:自営業
住所:兵庫県姫路市

 

体験談

鏡は、自分を見たり整えたりする道具ですが、
意外と奇怪な現象が起こる場合があります。
この心霊体験は、自分の友人が実際にあった驚きの出来事です。

友人は、3年前ぐらいに、一人暮らしを初めて行うため物件を探しに不動産屋へ行きました。
店員に、ワンルームマンションで手頃な家賃を希望すると、
築が6年ほどの比較的新しい物件を紹介されます。
駅から近く、施設やスーパーも近隣にあり生活を送るのに便利なマンションです。
そのマンションへ店員といっしょに行くと、
部屋の雰囲気が良かったので即決で入居を決めました。

友人は、このマンションに住む事にすると、
部屋の家具などを少しずつ揃えていきます。
生活用品を一通り揃えて、
ゆったりしていると部屋に鏡がない事に付きます。
友人は、鏡を買いに街へ繰り出すと、古びた骨董品屋に遭遇します。
友人は、中に入り置物などを見ていたら、
四角の鏡が目に入りました。
この鏡を気に入った友人は、購入して家へ持って帰ります。

しかし、この鏡は、少々変な商品で不思議な現象が起こる事になります。
ある朝、友人は、会社に行くために鏡を見て髪をセットしていました。
ドライアーとくしを持っていると、左手が逆方向へねじれています。

目の錯覚かと思った友人は、
もう一度鏡を見ると左手はやはりねじれているようです。
友人は、少し怖くなり部屋を出て会社へ出勤する事にしました。

その日、会社から帰宅した友人は、骨董品屋で買った鏡で顔を見ていました。
「朝の出来事は、一体なんだったのだろうか?」と鏡に問いかけてみます。
次の瞬間、鏡に映った自分の目が変な動きをしだします。
真っ直ぐ見ている目が、
左に動いたり右に動いたりして変な状態です。
そして、目が天井のある上へ向いた瞬間、鏡がバターンと前に倒れました。
友人は、驚き鏡を覗いてみると、天井から中年のおじさんの顔がニョキニョキと出てきました。

友人は、おじさんの顔に驚くと同時に、
鏡が変だと心から怖くなってしまいます。
もう一度、天井を見て確認すると、おじさんの顔はありませんでした。
友人は、その夜1人で部屋にいるのは怖く、
マンションから出て違う友人の家に泊めてもらう事にしました。

次の日、友人は、家に戻ると鏡にタオルを巻いて購入した骨董品屋に持っていきます。
友人は、店主に鏡の出来事を話しますが、
気にもとめず引き取ってくれました。
その後、友人は、鏡の不思議な体験はなくなりましたが、
その鏡は誰か違う人が買って心霊体験に遭遇しているかも知れません。

 

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分もこのような霊体験をした。どうしようとお悩みの方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください
⇒霊体のメンテナンス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る