お互いに幸せな人生を送っているはずなのに…

投稿者情報

年齢:29歳
性別:男性
職業:自営業
住所:熊本県熊本市西区花園

体験談

ここ2、3年の間の話になりますが、ふとした場面場面で別れた元彼女の姿や顔が目に留まる現象に見舞われています。
例えば車の中、家の中、買い物中の店舗内等…別れた彼女とは別の町で付き合っていたのでデジャブ等は有り得ないので、とても不気味に感じることがあります。

この現象は昼夜問わず起こることで、深夜に一人で車に乗っているときに起こるととてつもなく緊張します。
生霊になって出て来る程に私が憎いのか、と思ってしまう出来事は確かにあったのですが、今ではお互いにそれなりに幸せな人生を送っているはずなので少々困惑しています。

自分と元彼女は大学の同期生で、お互いに勉強を教えあったりする仲で趣味が合う事から付き合い始めるのに然程時間はかかりませんでした。

若い内には色々な失敗がありますが私と元彼女の中での大きな失敗として中絶経験があります。
学生時に出産結婚をするというのはお互いの両親も許さないことですし、大学を中退するのも選択肢には無かったので話し合って決めたのですが、中絶後はぎくしゃくした関係が続いてしまい、どっちからでもなく別れることになりました。

今では余り連絡を取らなくなっていますがお互いに別々の人と結婚して家庭のある身ですが、聡明な彼女がふとした瞬間に隣にいたり後部座席にいたりするのです。

余りに長い事続いていますが、私が仕事疲れから若い頃を思い出してそのような幻覚を見ているのだろうと思っていました。
問題は他の人にも視認出来てしまうことがあるということです。

例として、深夜の人気のないディスカウントストア等で買い物をしていた時にレジのおばちゃんから「ご夫婦で買い物ですか?」と言われたことがあります。

店内にはちらほらと買い物をしている人がいましたが、接触するほどまでに近づいた人はいませんでしたし、そもそも女性客は私には確認出来ませんでした。

「いえ、一人ですが…。」「あら、さっきまで一緒に連れ歩いている女性がいたのでつい、すみません。」
この様なやりとりが何度か起きているので少々不気味に感じることがあります。

何故この様な出来事に見舞われているのかは分かりません、特に特別な事をしたわけでもなく契機となったことがあったわけでもありません。

今のところ実害も出ていませんし、何があったということもありませんが純粋にヒヤっとする様な経験が何度かあるというだけです。

お互いに幸せな生活を送っている、というのは誤りで中絶経験を忘れないように見張っているのかな、なんて勘ぐってしまうのは間違っているでしょうか。

自責の念で潰れない内に何か対策を取りたいところですが、こうした体験にアドバイスをくれる人というのは中々いないもので何か起きる前に対処するというのも難しそうです。

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分もこのような霊体験をした。どうしようとお悩みの方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください。

⇒霊体のメンテナンス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る