ストッキングをはいた人

投稿者情報

年齢:62歳
性別:女性
職業:自由業
住所:神奈川県横須賀市

体験談

私は今から40年程前に寮に住んでいました。それは夏でした眠っていたら急に息苦しくなって目が覚めました。

すると私のすぐ横に立っている脚が見え、その人は黒いストッキングを穿いていました。誰なのと問いかけたいのですが金縛りにあって体が動きませんでした。何より息が出来ないのがとっても苦しかったです。暫くしてその女性はすうっと部屋から出て右側の方へ行きました。左側へ行っても行き止まりで、どこか外で見た訳ではなく寮の自分の部屋で見ました。

夏なのでドアを開けていてそこから幽霊は入って来るそうです。暑くて夏はドアを開けっぱなしにしていたため、幽霊は夏に出る事が多いと聞いた事があります。私は今でもはっきり覚えています。頭は短めのボブでした黒いセーターに濃いグレーのスカートを穿いて、私も同じで冬は黒いセーターを着て黒いスカートを穿く事が多いです。着る服は黒が多く、顔は見る事は出来ませんでした。

その後寮の舎監さんにその事を言ったところ昔寮の脱衣所で首吊り自殺をした人がいると聞き私はそれを聞いて震え上がり、サイクルの合う人の所へ幽霊は出てくると聞きました。その数日後又部屋で眠っていたら誰かが私の上に乗っかって重くて苦しくて目が覚め、私の上に確かに誰かが乗っているのです。苦しいからどいてと言いたいのに声が出ませんでした。

その幽霊は又すうっと部屋を出て行ったので同じ幽霊だと思います。浮かばれていないのだと思います。寮生で同じ目に遭った人は私以外誰もいませんが私の所にだけ2回現れたのですがもう現れませんでした。その後周辺で良い事も悪い事も起こりませんでしたし、あの苦しい思いはもうしたくありません。現在は寮は取り壊して他の施設が建っていますが、その施設の誰かの所にもしかしたら現れたりしているのかもしれません。自殺した事を悔やんでいるのだと思いますがその人に何があったのかは分かりません。多分よほど辛い事があったのだと思います。

私も本気で死にたいと思った事があります。人間なのだからそういう事がありますが死ねないのです。泣く人が私には1人います。でも自分探しではないですが今私は自分のやるべき事ややりたい事がやっと分かってきた様な気がします。必死にと言えば大袈裟かも知れませんが1日を懸命に生きてようと考えたら死にたいなんて考えなくなりました。努力も必要で、何をやっても上手くいかないのは誰にでもある事だと思います。

ここに越して来て6年目です。幽霊を見た事はありませんしそういう噂を聞いた事もありません。毎日をイキイキと暮らしたいと思います。

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分のこのような霊体験をした。どうしようとお悩みの方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください
⇒霊体のメンテナンス

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る