ダムに飛び込む人影を見た話と夢の中に女性が現れた事

投稿者情報

年齢:29歳
性別:男性
職業:温泉業務
住所:群馬県沼田市利根町

体験談

1.いつ、どこで、どんな場所で幽霊を見ましたか?
2014年8月頃の夜中に、薗原湖の上にかかっている橋の上で見ました。
この日は日中に34度を記録し、
夜も28度の熱帯夜でした。
幽霊がいたのは橋の手前側です。

2.なぜ、その日、その場所に行こうと思ったのですか?
家は南郷と言われる地域にあって、
仕事場所は片品方面にある温泉地帯です。
住んでいる地域から片品へ移動する近道が、
薗原湖の横にある県道267号線なので、通勤のため移動していただけです。
夜に家に戻ろうとしたのは、
仕事で忙しくなり帰りが遅くなったのが理由です。
夜遅くまで仕事をするのは、繁忙期にはありがちなことだったため、
この日も普通に家に戻ろうとしました。

3.どんなシチュエーションで幽霊を見たのですか?
薗原湖を通り抜けようとした際に、
誰かが泣いているような声が聞こえてきました。

気になったので、
周囲に車がいないのを確認してから、遠くから見えやすい位置に車を停めました。
念のため車にハザードランプをつけ、
懐中電灯を所持してから外に行くと、
橋の上のやや手前側に女性と思われる人が立っていました。
女性だと判別できたのは、髪の毛が長かったからです。
この辺は自殺をする人も時々いるので、
まさかと考えたので慌てながら飛び込むのを中止させに行きました。

女性は私の姿に気がつくとゆっくりとこちらを見た後、
湖に向かって飛び込んだのですが、
落ちた際に発生するはずの音がなかったです。
懐中電灯で照らしてみましたが、
落ちたはずの場所には異変は見られませんでした。

この後、携帯電話で見たことを妻に話そうとしたのですが、
不思議なことに電話がつながらなかったです。
気味が悪いと感じたので、
車に戻りエンジンをかけようとすると、橋の上に再び女性が現れました。
こうなるとその女性がどういう存在なのか、
私にもよく分かっていたため、
怖いと思いながら車の鍵を回しエンジンをかけました。
車を走らせて逃げるように立ち去ったわけですが、
女性はどういうわけか追いかけて来なかったです。

4.その後に周辺で良いこと、または、悪いことは起こりましたか?
妻が私が体験した話を信じてくれたのが良かったことです。
携帯電話が一瞬だけつながり切れた現象が起きていたらしく、
私の話に理解を示してくれました。
逆に子供の方は真面目に聞いてくれませんでした。

悪いことについてですが、
県道267号線を使うのが怖くなったので、
夜遅くになる時は遠回りして家に戻るようになりました。
ただ、朝は幽霊が出るとは思えないので、
普通に通勤のため利用しています。

家で寝ている時に、1度だけ奇妙な出来事がありました。
夜中に玄関を叩く音が聞こえたので、
寝室から起きて玄関の戸を開けてみると、
この間の女性が血まみれの姿で立っていたので悲鳴を上げています。
ところが、これは私が見た夢の中の出来事だったみたいです。
目を開けたら寝室の中だったので、
夢だと自覚することができました。

また、妻は私が大量の汗を出しながら悲鳴を出していたと言っていました。

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分のこのような霊体験をした。どうしようとお悩みの方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください
⇒霊体のメンテナンス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る