投稿者情報

年齢:46歳
性別:女性
職業:主婦
住所:大分県別府市

体験談

4年ほど前の出来事になります。私がまだ今の主人と結婚する前、私たちは時々昼間のデートをした後とあるホテルで一晩を過ごすことがありました。

その日は朝早くから遠出をして二人とも疲れきっていました。夕食は外で済ませていたのでチェックインの後すぐにお風呂に入り早々とベッドに入りました。クタクタになっていた二人は多分5分もしないうちに眠ってしまったのではないでしょうか。照明はかなり落としていましたが真っ暗ではありませんでした。私はどちらかというと慣れない場所ではあまり深く眠れず何度も目を覚ますことが多いのですがその日は一度も目が覚めることなく眠っていました。

なにか夢を見ていたような気がしていましたがそのボンヤリとした意識のなかで突然右手を引っ張られたのです。いや、手を引っ張られる夢をみたんだと思いました。右手だけがベッドのふちからダランと下に垂れて寝ていたのでしびれてそんな夢をみてしまったのかもとも思いました。けれどそれにしては引っ張られた感覚が生生しいというかリアルだったというか・・・しばらく呆然と夢か現実か考えていましたが、その手を引っ張られる感触が残っていたので怖くなり隣で寝ていた彼を起こしました。

「ねぇねぇ起きて。起きて。すごく怖い夢をみたの」そう言って彼をゆさぶると普段は寝起きが悪く、寝ているときに起こしても全く目を覚まさない彼が「うん。手を引っ張られる夢だよね」と言ったのです。「そぉ、ベッドの下から何本も手が出てきて私の右手をグググーって引っ張ったの!」って、「え!?私、怖い夢を見たとは言ったけど手を引っ張られた夢とは言ってないよ」と彼に言いました。

すると彼は「だって俺もいま手を引っ張られる夢みてたから」と言うのです。しかも彼は手を引っ張られ、更には体もベッドから引きずり降ろされそうにもなったと言いました。同じ時間に同じ夢をみていた?それとも・・・彼の夢も、私の夢もその手を引っ張ってくる以外なにもなく突然手が出てきて引っ張ってきたというところも同じでした。偶然にも同じ夢をみたのでしょうか?

気味が悪くなりすぐに照明を全部つけ部屋を明るくし、テレビをつけて少しでも恐怖を紛らわせようとしました。
すぐにチェックアウトはしませんでしたが二人とも朝まで寝ることはできませんでした。その後、私が働いていた職場で同僚たちにその話しをしました。するとその中の一人の子が「そのホテル“でる”って有名ですよ」と言いました。どの部屋と限られてはいないそうですがそう聞いてからそのホテルに行くことはなくなりました。

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分のこのような霊体験をした。どうしようとお悩みに方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください
⇒霊体のメンテナンス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る