一瞬で霊を信じさせた最初で最後の霊体験

投稿者情報

年齢:46
性別:女性
職業:日本語教師
住所:フィリピン、マニラ、マカティ

体験談

これは私が3年のタイ勤務を終えて、しばらくたった後のある夜の出来事です。それまで霊やお化けの類など全く
たことも体験したこともなく、むしろ信じていない側の立場でした.しかし、この体験後、私の考えは180度変わり、霊を信じるようになってしまったのです。

その日私はいつものように自分の部屋で寝ていました。夜中、何時ごろかは、はっきり分かりません。
半分、寝ている状態でした。ふと、何かを感じて、横を見ると黒い髪の女の人がベッドの横に寝ていました。

一瞬で意識がはっきりし、何が起きたか理解したかったのですが、自分をだますように無理やりもう一度
寝ました。「何も見てない…何も見てない…」と唱えながら…

それから何時間たったのか分かりません。1時間か2時間か…誰かが布団の上から押しているような重圧を感じるのです。それはどんどん重くなっていきます。

跳ね除けることもできず、どうしたらいいのか分からず、隣に寝ている母を起こそうと声を出そうとしました。すると布団の上からなんと女の人の指が伸びてきて、開こうとする私の口に指を挟んだのです。その時の恐怖は本当に今思い出しても、震えてきます。

何とか叫ぼうとその指をかむのですが、なかなか抜けません。声は「ぎゃー」とも「きゃー」とも文字では表現できない音となって出ていきます。それでも何とか声を出すと隣の部屋から母が
「どうしたの?なんかすごい声がしてたけど?」と飛んできました。

何とか声は出ていたのでしょう。しばらくは説明できませんでした。
母によると「やばい…まじでやばい…」と繰り返していたそうです。
その後、起こったことを説明すると占いや霊などを信じている母は「タイから連れてきちゃったんじゃないかな。

ホテルやそういう宗教の強い地域には霊が多くいるらしいし…」と推測していました。
電気をつけて、ベッドの下に塩を置いて、寝るといいというアドバイスをして自分の部屋に戻っていきました。

正直、同じ部屋で寝てほしいという気持ちでいっぱいでしたが、いい大人がそれはどうか…という気持ちが自分にあったので、我慢しましたが、しばらくは電気を消して寝ることはできませんでした。

友人に話して、お祓いに行き、霊に効くというクリスタルも買いました。
それが効いたのかどうかは分かりませんが、以来、霊を見たことはありません。
多くの人は金縛りの一種だと言います。原因はともかくそんな体験をした人が
霊を信じずにいられるでしょうか…

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分もこのような霊体験をした。どうしようとお悩みの方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください

⇒霊体のメンテナンス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る