投稿者情報

年齢:33歳
性別:男性
職業:会社員
住所:神奈川県横浜市

体験談

私が大学生の頃のお話です当時私は彼女と半同棲の状態でした私と彼女で共に生活費を工面していましたが若く怠惰な暮らしで、それでも貯金などは出来ず

そんな生活のある大晦日私たちは共にバイト納めを果たし我が家へ帰還よし大晦日くらい盛大に鍋でもやろうじゃないか二人して意気揚々と決め込んでみたものの互いのサイフの中身を見て絶句ちょうど給料日前のため二人の残金は足してもいくらにもなるものではありませんでした目も当てられない状況でしたが若い二人はそれならビールは買おうそしてつまみはもううふだけだということにして細やかな晩餐の準備に取り掛かりました

二人でこたつに入って乾杯久々のビールに舌鼓を打ちながら仕事の愚痴を交わしうふ煮え上がるのを待ちますぐつぐつこんととうふ煮えあがると彼女が私によそってくれます実家からの贈り物で鉄製で重厚な格式高そうな食器にうふころんと運び込まれます私たちは互いにそれを行い全くそうではないのにおいしいね言いながら酔いを深めていきました何度かそういったやり取りをしているうちにふと妙なことに気が付きました

先程から私の食器だけがうふよそった後にススーッと右に動いたり左に動いてるように見えるのです初めは食器の下が濡れて滑っているのかなと気にもしていませんでしたが食べている最中も不自然なタイミングで動いています私はははーんこいつ私を怖がらそうとしているなイタズラだと思い咄嗟においこたつから出ろ足を出せ笑いながら言いましたすると彼女は怪訝な表情でなに言いながら足を出しました

これでもう動くまい食器に目を落とすと今度はススーッとそれはまるで誰かが手で引かないとありえない大きく動き始めました私はうわ大声をあげてこたつから飛び出ました今の見たうん見たていうかさっきから何度も動いてないどうやら彼女も気づいていたようでした私も彼女も酒にはめっぽう強く二人して泥酔するようなことは滅多にありませんましてこんなちびちび飲み交わしているようでは酔いようもありませんでした

これは一体なんなんや二人してこたつから出てその寒さと目の前の光景に異様な光景の前でしばし固まってしまいました意を決した私は誰かいるんですかっ私たちにはあなたが見えませんいるならもう一度食器を動かしてみてください部屋のどこへ向けるでもなく大きな声で言いましたするとススーッと食器が目の前で右へ左へ応えるように動き始めるのです私と彼女は二人してうわ声をあげて抱き合いました

今度は彼女がもう一回もう一回言うとまたススーッなにこれなにこれなになに二人はもう大騒ぎただ不思議と怖いという気持ちは強くなく何か悪いものにも感じられませんでした何度かそのやり取りを繰り返した後に私はこれもうとうふ食べたい幽霊なんや結論付けることにしましたうふ一切れくらい今晩備えてあげようか私が言うと今度は彼女がどこへ言うでもなくあんたにあげるとうふうちにはないねんごめん大声をあげました

するとどうでしょう先程から呼びかける度に動いていた食器は最後にススッふるえたが最後それ以降一切動かなくなってしまいましたそれから私たちは結局二人で最後の一切れまで残さず食べきり何事もなく新年を迎えるにあたりました後から霊感の強い彼女の友達に聞いてみたところ霊道が近い位置にあったそうです大晦日であんたら楽しそうやから紛れてしまったちゃうとのことでした今でも当時の彼女と会ったときはその話を懐かしく話します私はいつかまたあの幽霊と出会ったら今度こそとうふ一切れ二切れをお供えしてあげようと思うのです

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分もこのような霊体験をした。どうしようとお悩みの方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください
⇒霊体のメンテナンス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る