投稿者情報

年齢:21歳
性別:女性
職業:学生
住所:神奈川県横須賀市港北区

体験談

約五年前の寒い冬の日の事でした。
私は付き合いはじめたばかりの
彼氏とともに塾から自宅へ帰る途中でした。

自宅の近くに古くから
家族で経営しているコンビニエンスストアがあり、
いつも通る道にある身近なお店でまさか
そんな場所で見てしまうとは思ってもいませんでした。

いつも通り、二人で歩いていると
いつもとは違う違和感に気づきました。
コンビニエンスストアの角に白いノースリーブのワンピースを着た
髪の長い女の人が立っていたのです。

それを見た私は不思議に思い一緒に歩いていた彼に
「なぜあの女の人はこんな寒い夜なのにノースリーブを着てるのかな?」
と尋ねました。

それを聞いた彼は「え?そんな人どこにいるの?」
と聞き返しました。

「ほら、あそこのコンビニの角にいるじゃない。
あの長い黒髪の白いワンピースを着た女の人だよ!」
女の人を指差しながら私は言いました。

彼は少し顔を蒼褪めながら
「え?いないよ!怖い事言わないで!」
と叫びました。

私は不思議に思いながら女の人を見つめました。
すると、その女の人は私達のことをちらりと見た後
走ってコンビニエンスストアの曲がり角を走って行ってしまいました。

まだ、私はその女の人は一般の人だと思っていましたので、
また彼に
「ほら!今走って行った人だよ!本当にわからない?」
と尋ねました。

それでも彼はわからないと繰り返し答えました。
その時やっと、
私はあの女の人は普通の人ではないのだと
見てはいけないものを見てしまったのだと気がついたのです。

その直後は特に変わった様子もなく、
無事に自宅へ帰る事ができました。

しかし、
その数週間後家族で経営しているコンビニエンスストアは
突如休業する事になったのです。

詳しい理由はわかりませんが、
噂ではコンビニエンスストアの地元では
有名な優しいおばあちゃんが亡くなったと聞きました。
未だにあの寒い日の夜に見てしまった
女性の行方も正体もよくわかりませんが、
おばあちゃんが亡くなった事と
あの白いワンピースを着た女の人が無関係だとはどうしても思えません。

あの女性が優しかったおばあちゃんを
連れて行ってしまったのか、
なぜ私にだけ姿を見せこちらを振り返ったのか
五年経った今でも謎のままです。

そして、今日もきっと明日もあの白いワンピースの女の人が見えてしまった
コンビニエンスストアの
ある道を通り私は1日を過ごします。

私が気がついていないだけで、
白いワンピースの女性は今日も
明日もあの場所に立っているのでしょうか。

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分のこのような霊体験をした。どうしようとお悩みの方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください
⇒霊体のメンテナンス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る