投稿者情報

年齢:29歳
性別:女性
職業:専業主婦
住所:福岡県筑後市

体験談

私が体験した幽霊を見た話しをします。
私が幽霊を見たのは約10年前です。
私は当時学生でした。

友人と福岡県にある犬鳴峠に行こうという話しになりました。
私は正直乗り気ではなかったのですがみんなが行こうというのでいくことにしました。
車に三人ずつ乗って2台でいくことにしました。

私は助手席にのりました。
運転手は男性で後ろには女性が乗っていました。
そして、いざ出発するとき何か寒気、
悪寒のようなものがしました。
そして、車で約一時間半ほどかかる犬鳴峠に出発しました。
犬鳴峠に近づくにつれて、
回りに何もない田んぼの風景が続いています。
そして、最後にあるコンビニでコーヒーを買って山道に進みました。
山道はとても険しい道のりでした。

犬鳴峠は昔トンネルの中で、
殺人事件があったということを聞いています。
私自身は幽霊は信じてなかったのですが、
やはり怖いものは怖かったのです。
そして、犬鳴峠に到着しました。

到着すると、トンネルの前には
フェンスで入れないようにしてありました。
しかし、なぜかフェンスの奥にいくための扉があるのですが
そこは開いていましたので
そこから奥に進むことにしました。

トンネルに近づくにつれて、
どんどん寒気や悪寒が強くなってきました。
私はトンネルの前でものすごく気分が悪くなり、
友達にここで引き上げようといいました。

しかし、友達はせっかくきたけん
奥まで行こうといい聞いてもらえませんでした。
私はもういきたくなかったので、
入り口でまってるといいました。

入り口までは歩いてそんなに遠くはないのですが
ものすごく遠く感じました。
入り口に着くと扉があきませんでした。
無理矢理開けると扉のとこに
コンクリートブロックがおいてありました。
えっなんでと私は思いましたが怖くなり、
車の中でみんなが帰ってくるのを待っていましたが全然帰ってきませんでした。

遅いので、入り口のところでまっていました。
ふと後ろから視線を感じたので、
車の方をみると、車に誰か乗っているのかなと思いました。
暗くて見えなかったのですがなぜかその時は車に誰か乗っている、
もうかえって来たのかな?
別に出入口があったのかな?
とか思いました。
早く帰って来てほしいという願望だったのでしょう。
そして、車に近づき中を見ると
女性が下を向いたまま顔をあげません。
私はこれは友達じゃないと思い
あわてて車から離れトンネルに走って逃げました。
しかし、まだ、友達がいなかったので途中で座り込みました。

そして、不意に先をみたとこで
顔が真っ白で髪も長い女性が私に手招きしているのが見えました。
暗いのに普通は見えないのになぜか見えたのです。
私は怖くて顔を下に向けていました。
そしたら後ろから肩をたたかれて
顔をあげられませんでした。

それは、結局は友達だったのですが
これが私が初めて幽霊を見た経験です。

本当に信じてなかったのですが、
これを見て幽霊はいるんだなと信じるようになりました。

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分のこのような霊体験をした。どうしようとお悩みの方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください
⇒霊体のメンテナンス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る