投稿者情報

年齢:47歳
性別:女性
職業:専業主婦
住所:香川県仲多度郡多度津町

体験談

夫と結婚してからの話です。
普段は何も思わないのですが主人・主人の実家がらみになると何かが邪魔をしてきます。

夫と結婚を決め お義姉さんのところへご挨拶に行った時 笑っているのですが義姉の顔は蛇でした。
目は笑っておらず 笑っているような口の中から蛇の舌がチロチロ見え隠れしているのがわかりました。
この人・・・・やばいなと直感で思いました。

そのまま夫の実家へ帰省したのですがその直後からずっと背中に冷たいものを感じ 頭痛がしてきました。
ずっと胸がもやもやしていました。緊張しているのだろうと市販の安定剤を飲み就寝。
旅行も兼ねていたのでそこから両行先へ向かいました。

ふと 視線を感じたのです。視線を感じる方を見ても誰もいません。それでも気になる視線
一瞬 蛇が大口を開けてとびかかってくる感覚を感じました。
思わず 手を打ち鳴らした私。するとその気配は消えました。そのまま視線も感じなくなり2か月後に結婚しまた。

妊娠した時の事です。
年末 夫の実家へ帰省する時義姉のところへ寄りました。帰り道に義姉の家があるので素通りするわけにはいきません。
義姉のとこにより夫が妊娠の報告をしました。夫の実家で寝ているとお腹を誰かが踏みつけてきます。
両足でお腹の上で飛び跳ねるのです。
形は見えませんが相当な重さです。お腹は臨月のように膨れモーレツな痛みが襲ってきます。
救急車で病院へ運ばれました。

しかし なんともないと言うのです。
そんなはずない・・・・と思ったのですが胎児に異常がないと言うのでそのまま帰宅しました。
夫は舅・姑とお墓掃除に出かけました。私は留守番すると、どこからかザーッザーッと何かが擦るような音がするのです。
昔 母の実家で聞いた音と同じでした。その音は蛇の這う音なのでした。しかし真冬です。
蛇は冬眠中です。風の音だったのかもしれません。

しかし 翌日 散歩をしているとあぜ道に置きっぱなしにしてある立てかけているスコップの隙間に蛇がとぐろを巻いているのです。

もちろん 目の錯覚だと思いますが帰宅後も蛇の這う音は聞こえ続けていました。
そして5月のGWごろには家の周りに蛇が頻繁に出るようになったのです。
家の中に入っている時もありました。

夕食の準備をしていて ふとドアの方をみるとどこから入ってきたのか?蛇がいるのです。
周りには田んぼもあるので蛇がいてもおかしくはないのですが。
そして長女を出産。首にへその緒が3重に巻き付いており仮死状態でした。
脳に障害が残り 知的障害となってしまいました。

まさか・・・・・と思いましたがなぜかこれは義姉の生霊だと確信しました。
義姉は弟を取られたくなかったのでしょう。親を取られたくなかったのでしょう。
その後25年間 ずっと義姉に邪魔されているのがわかります。

何かある度 義姉の気配が感じ取れるのです。私の母が亡くなった後は特に感じました。
しかし 生霊をだすと出した本人も良くない事が起こるんですよね。生霊返しと言うのでしょうか?
今では生霊を出す力もないほど立て続けに義姉自身に不幸が起こっています。

自分で蒔いた種です。
義姉に不幸が襲っても致し方ありませんよね。

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分もこのような霊体験をした。どうしようとお悩みの方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください

⇒霊体のメンテナンス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る