離婚した前妻の生霊が、彼と私の仲を引き裂こうとしました。

投稿者情報

年齢:32歳
性別:女性
職業:パート主婦
住所:沖縄県名護市

体験談

私が現在の夫と付き合っている時の話です。
彼はバツイチで前妻との間に子供がいます。付き合った当時は離婚は成立していましたが、まだ養育費と住宅の件で前妻と話し合いの最中でした。

彼と同棲を始めてしばらくたった頃、彼が病気で入院する事になりしばらく働けなくなるため、養育費の支払いストップというトラブルが起きました。

私としては、今後彼と結婚して後も養育費の支払いは続けていくつもりだったので、病気の彼の代わりに支払いますという連絡を、彼の家族を通して伝えました。

1ヶ月程して、彼が退院し自宅療養に切り替わった頃でした。
私との間に些細な喧嘩が増え、彼が頻繁に原因不明のものすごい高熱を出すようになります。

私は頭と体が重く、ずっとイライラしていたのを覚えています。毎晩、玄関から幽霊が入って来て私に覆い被さる夢を見ていて寝不足だったせいかと思っていたのですが…。

ある日の夕方、仕事から帰ってきたら暗い洗面所に人の気配を感じました。私は全然見えないタイプなので、ものすごく怖かったです。

リビングに行くと、今度は玄関の方に黒い人影のようなものが見えたのです。夢で見ていたようなシチュエーションでゾッとしました。また、はっきりとは見えていないのに、女性だとすぐわかったのも気味悪かったです。
真っ暗なリビングで寝ていた彼はまたしても高熱。ずっと女の人がいるんだ、と言うのです。

彼には霊感があり、実は…と「前妻の念が二人の仲を裂こうとしている」事を話してくれました。高熱の間中、彼に向かって、鬼の形相でわけのわからない言語をまくしたてていたと言います。
彼は自分の責任だと思っていたようで、私が明るい性格なのもあり、生霊の話は言わない方がいいと黙っていたのだそうです。

霊は体がないため、実際に傷つけたりすることはできなくて、人を不快にさせる環境をつくったり、不安感を煽ったりしていがみ合うように仕向けて恨みをはらします。健康で精神的にも元気な時には影響が出にくいそうですが、私はダブルワークや看病で疲れていてその隙をつかれたのかもしれないと言っていました。

その後、彼の体調が戻ってからすぐ近くのお寺へ行きました。部屋を片付けて掃除し、玄関に塩を盛っておくと、少しずつ私のイライラがなくなり喧嘩がぱったりなくなりました。

彼の家族を通じて前妻の様子を聞いたところ、やはり私の存在を知ってとてもショックを受けていたと言います。彼とまた戻れると考えていたそうで、もともと嫉妬深い前妻の念が生霊となって私たちの前にあらわれたんだと思います。

まとめ

いかがでしたか? 霊に憑かれたかもしれない。自分もこのような霊体験をした。どうしようとお悩みの方、怖話倶楽部を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」では、霊がついているのか霊視して判断することや、実際にお祓いによって霊的なトラブルを解決するサービスを提供しています。心配なことがある方はぜひご活用ください

⇒霊体のメンテナンス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

Facebook

ページ上部へ戻る